富士山山岳ドローン救助システム

山岳救助、河川捜索、海難救助などの捜索を目的とした、4GLTEのモバイルネットワークで広域捜索可能なドローンシステムの実証実験を行いました。
位置情報通知、監視サービス、高精細天気予報システムも同時に活用し、山岳遭難者の迅速な発見と効率化を図ります。劣悪な気象環境でも飛行可能となる防水性能を高めた機体設計と、霧や夜間での利用に対応したカメラオプションも用意しており、あらゆる環境下で救助活動に役立つ機体となっています。

このドローン山岳救助支援システム実証実験は、富士登山の遭難者救助を目的として株式会社KDDIと共同で行いました。

 実証実験では、5合目あたりで登山者が遭難したと仮定し、その家族が気付いてGPSで場所を特定。現場付近の気象状況を確認後、問題がなければドローンが救助に向かうというといった想定で実施しました。
 機体特徴としては、標高5000mの場所でも飛行可能なように、プロペラを大きく回転数を大きくし、最大18mの強風下でも捜査活動ができます。夜間や視界の悪い状況でも捜査が可能なように赤外線および超高感度カメラを搭載し、山岳地帯においての持ち運びに対応できるよう折りたたみ式のコンパクト設計になっています。
2019年度中の山岳救助システムとして実稼働することを予定しています。

最新の活用事例

長距離物流実証実験において1時間超の海上オートフライトを完了

離島間でのフライト実証実験を実施

LTE自動飛行による諸島部への医療物資離島