next
prev

PDH-GS120

動画を見る

新開発120cc電子制御エンジンとヘリコプター専用フライトコントローラを採用したシングルローター型ドローン。

シングルローター特有の高い飛行性能と耐風性能を有しながら、ペイロード10kgで飛行時間2時間の自動飛行を実現。
離島間や孤立地区への物資輸送、広域監視任務、農薬散布等に最適です。

メーカーオプション

ズームカメラ

遠方からの対象物確認に役立つ光学&デジタルズームカメラ

赤外線カメラ

ズームカメラと2眼構成、IR映像を同時表示可能

LTE

LTE電波網を利用したドローンコントロールにより広いエリアでの運用が可能

LEDサーチライト

夜間の救難救助活動などに最適なLEDサーチライト

操舵信号多重化

異なる周波数帯を同時に利用して機体を制御することで冗長性を確保

GCS対応

現場ニーズを豊富に組み込んだ独自開発のPD-GCSにオプション対応

優れた飛行性能

大容量の 8L 燃料タンク搭載により、10 ㎏搭載時で 2 時間のフライト実現 。
シングルローター特有の高い飛行性能と耐風性能はそのままにオートフライトに対応。
離島間や孤立地区への物資輸送、長時間広域の監視任務、長時間の農薬散布などに最適です。

高い耐風性能

長距離運用時に課題となる地域による天候差も余裕を持って対応が可能です。災害発生時の物資輸送や被害の調査や状況確認の際、強風下でのフライトに強みを発揮します。

多様な搭載物が取付可能

タスクに応じて、搭載物を選択可能です。
物流ボックス、ズームジンバルカメラ、 2眼ジンバルカメラ(ズームカメラ+赤外線カメラ)、レーザー測量装置などを、カスタマイズにより自在に搭載することが可能です。
(写真は、物流ボックス搭載例)

ヘリコプター専用
フライトコントローラー

エンジンヘリの固有の課題に対応したオリジナルの専用フライトコントローラーを搭載。
高性能IMU、GPS、レーザーセンサの複合により、安定したホバリングが可能。
マルチコプターよりも複雑な制御が必要なシングルコプターで、離着陸も含めた自動航行を実現。高い運動性能を活かした、海上艦船への離着陸も実現しています。

良好な取りまわし

取扱容易な機体サイズ。
ローター径は2.2m( ローターは取り外し可能)
一人でも運搬可能で、機体重量20kg 以下です。
4 ナンバーワゴン車に2 台積載可能で、使用現場への迅速な運搬、展開が可能です。

容易な運用

プロポから操作可能なセルスターターにより、手元のスイッチONのみでエンジンを始動することが可能。
電子制御式ガソリン噴射システム(EFI)(開発中)を搭載し熟練を要するキャブレーター調整は不要。過酷な環境でも安定した稼働を実現します。
ジェネレーター(定格120W)の電力により、機体サーボやアビオニクスに必要な電力をカバー、飛行の都度バッテリー交換は不要、アビオニクスの追加にも対応できます。

プロドローン GCS(PD-GCS)対応

高度な専門性、高度なオートフライトに対する要求に応えるプロドローンGCS。
ユースケースに応じた多彩な自動飛行プランを簡単に作成し、ウェイポイントごとのアクション指定も容易です。
また、万が一に備えた緊急着陸場所(Rally Point)も事前に設定可能です。

PD-GCS 製品情報

新開発120ccガソリンエンジン

国産の小型、軽量、低振動、ハイパワーの 2ストローク水平対向2気筒エンジン。
気圧や気温といった外気の状態に左右されにくい、電子制御式ガソリン噴射システム(EFI)搭載予定(開発中)。

最大出力:7.4kw(10ps)
燃料 : 混合ガソリン
エンジンスタート:セルスターター
ジェネレーター: 定格 120W(最大 200W)

軽量かつシンプルな
ガソリンエンジン空冷システム

飛行中のエンジン温度、回転数、電力などの運転状態を地上で確認可能。
ドローンに搭載するため、軽量化を進めた空冷エンジンを開発。
エンジン他、振動源にフローティングマウントを採用し、操縦性と姿勢制御性能を犠牲にすることなく振動による電子部品などへの影響と構造疲労を低減。

スペック

目的
監視・警備
大きさ
1847×439×739mm
全高
739mm
機体重量
19kg (燃料含まず)
プロペラ直径
メインローター径 : 2,204mm
テールローター径 : 390mm
最長飛行時間(LED点滅による残量警告まで)
約150分(非搭載・機体のみ)
※電動ドローンと違いペイロードによる飛行時間の変化は少ない。60cc/minを前提に、最大離陸重量に基づきペイロードと燃料の比により想定飛行時間を算出する。
法的飛行可能高度
150m
最大ペイロード
15kg
(最大離陸重量 35kg)
最高速度
100km/h
※巡航速度70km/h
飛行可能風速
30m/s(平行風)、15m/s(乱気流)
電波到達距離
プロポ操縦: 1km
映像伝送: 1km
データ伝送: 5km
LTE: LTE基地局圏内
前方監視カメラ
オプション可能
バッテリー
・燃料(ガソリン):最大8L
・電装機器用バッテリー:3300mAh×1本
フライトコントローラー
PD-FC1
操縦機
FUTABA T18SZが付属
通信仕様
・プロポ操縦:2.4GHz
・データ伝送:920Mhz
(以下、オプション)
・映像伝送オプション対応可 :5.8GHz
(日本で使用する場合は要資格)
・LTEオプション対応可
保険
賠償責任保険(1年間無償付帯)
LTE通信変更

活用事例

長距離物流実証実験において1時間超の海上オートフライトを完了

離島間でのフライト実証実験を実施

導入までの流れ

1
ドローン購入・導入のご相談

2
業務内容・ご要望・飛行環境などをヒアリング

3
機体及びシステムソリューションのご提案
プラットフォーム機のご紹介
カスタマイズ機体やソフトウェアのご提案

必要に応じてニーズに合わせた要件の確定

機体及びソフトウェアの制作・調整

プロトタイプの制作・調整

飛行検証・試験
4
運用トレーニング

納品前に飛行トレーニング、メンテナンストレーニング、安全指導、ソフトウェアレクチャーなどを実施します。

5
納品

飛行検証などでご納得いただいた機体を納品いたします。

6
アフターサポート

機体やソフトの定期更新や定期点検など、アフターサポートを提供いたします。

製品購入に関するお問い合わせ
製品のご購入につきましては、こちらのページよりお問い合わせください。弊社営業担当者より折り返しご連絡させていただきます。
法人名必須
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
住所必須
必須
購入予定製品必須
数量必須
ご発注機数により、指定のロゴやボディーカラーなど対応いたします
使用目的必須