防災・消防/セキュリティ

ドローンを利用して空から得られる情報は、より精度の高い現場把握を実現し、また捜索効率を飛躍的に高めることに役立っています。
国内外を問わず、警察や消防はこのようなメリットに着目しており、利用が拡大しています。

水難事故

台風・ゲリラ豪雨などに限らず、湖畔や河川エリアでのレジャーの一般化に伴い、水難事故も多く発生しています。ドローンにおける水難救助では、いち早く被災者の位置確定が可能になるだけでなく、空からの情報により迅速な救助指示、災害状況の把握が可能になります。

山岳事故

富士山登山はほぼ毎年過去最高の登山者を記録しており、山に慣れた登山者だけでなく、軽装で参加する観光客も多く、それだけに山岳事故の件数も増加しています。プロドローンでは、遭難多発地帯へのドローンの自動運行や、地元警察・消防とも連携して、遭難者の場所を特定し、迅速な発見を可能にしています。

施設警備

多くの人が集まるレジャー施設や競技場、重要な施設などでは、巡回ドローンによる警備が効果的です。ドローンを複数台使用することによって、俯瞰での全体監視、不審者発見時には追跡ドローンを現場へ急行させ追跡させることがプロドローンのシステムでは可能です。
オプションの有線給電システムを使用すれば、長時間監視も可能です。

被害状況の把握・検証

地震、台風、豪雨など自然災害発生時には、迅速な状況把握が必要となります。
プロドローンの機体は耐風性能に優れており、また、全天候型機体(一部除く)となっているため、被害発生から時間をおかずに運航することが可能です。
夜間での飛行に備えてLED サーチライトなどもオプションとして準備しています。

活用事例

埼玉スタジアムで複数台警備実験を実施

水難事故でのドローンオペレーション

富士山山岳ドローン救助システム

艦船への自動離発着を可能にした監視ドローン

複数ドローンによる警備実証実験