ドローンによるAED輸送

【実施日】2019年8月
【実施場所】愛知県新城市
【実施者】愛知県、名古屋鉄道、中日本航空、プロドローン、KDDI
【概要】
・住民が倒れ、AEDが必要になったという想定で、無人飛行ロボットによりAEDの輸送を行う。
・自動車でのAED運搬や、救急車を要請した場合と比較し、無人飛行ロボットによるAED輸送の有効性を検証する。
・LTE通信による自動航行システムを使用するが、安全対策として自動車等で無人飛行ロボットを追尾し、非常時には手動運航へ切り替える方策をとる。
【飛行ルート】
・牛倉地区から寺木野地区までの1.8km(標高差350m)を、レベル3想定でAED機材の輸送を行った。

最新の活用事例

長距離物流実証実験において1時間超の海上オートフライトを完了

離島間でのフライト実証実験を実施

LTE自動飛行による諸島部への医療物資離島