着水型ドローンPD4-AW-AQで陸上から海上へ 〜海藻分布調査が容易に実現

2021.05.18
リリース
PRODRONEが提供したPD4-AW-AQ

株式会社プロドローン(代表取締役社長:戸谷 俊介、以下、PRODRONE)は、(地独)青森県産業技術センター(理事長:成田 勝治、以下、青森産技)とともに、水中環境の調査向け応用研究に対応した着水型ドローンPD4-AW-AQの検証に着手いたしました。

 青森産技は、より深い漁場の撮影や小型水温計等の垂下が可能となる「吊り下げ装置」の開発を行っています。この装置により、従来よりも機動的にデータを取得できるようになり、効率的な漁場環境調査が可能となります。PD4-AW-AQに「カメラ付き吊り下げ装置」を装備することで、より機動的で簡便な調査を実現し、ピンポイントで海藻類の分布調査や、磯焼けの原因になるウニの生育状況も確認できるようになります。

 今回の実証実験において、青森産技・水産総合研究所は、海藻分布調査における吊り下げ装置の動作確認と水中撮影データなどを検証します。
 青森産技・内水面研究所は、湖沼環境調査における吊り下げ装置の動作確認と水温塩分データなどを検証します。
 青森産技・八戸工業研究所は、「吊り下げ装置」の開発を行います。

 PRODRONEは、着水型ドローンPD4-AW―AQに、「吊り下げ装置」を実装し、実機提供と運用のサポートを行います。PD4-AW-AQは、新開発の操縦システム「タップフライト」によりプロポでの操縦を必要としません。タッチ操作だけで事前に設定された目的地までフライトし、着水、離水、帰還が可能なイージーオペレーションを実現しています。

 現在、PD4-AW-AQと機体に設置したカメラによるアマモ類やホンダワラ類など水中画像の取得ができています。今後は「吊り下げ装置」を実装し、これに垂下したカメラや小型水温計等による取得データの確認・検証を行う予定です。

PD4-AW-AQの試験飛行
PD4-AW-AQの着水の様子
PD4-AW-AQによって撮影したホンダワラ類
PD4-AW-AQによって撮影したアマモ類

■PD4-AW-AQ 製品リンク:
 http://www.prodrone.com/jp/products/pd4-aw-aq/

■研究に関するお問い合わせ:
(地独)青森県産業技術センター
 水産総合研究所  資源増殖部 017-755-2155
 内水面研究所   調査研究部 0176-23-2405
 八戸工業研究所  機械システム部 0178-21-2100

■株式会社プロドローンについて
株式会社プロドローンは、「世界一の産業用ドローンシステムメーカーになり世界を変える」を会社の目的としたB2Bカンパニーです。産業用ドローン市場に参入される多くの企業に対し、調査コンサルティング、機体開発、制御ソフト開発、サービスアプリケーション開発、量産まですべてをワンストップで提供しています。

■株式会社プロドローン 会社概要
・社名:株式会社プロドローン (PRODRONE Co., Ltd.)
・代表者:代表取締役社長 戸谷 俊介 (とや しゅんすけ)
・資本金:1億円
・本社所在地:〒468-0014 愛知県名古屋市天白区中平1丁目115番地

最新のお知らせ