News

2018.09.11
お知らせ

災害現場でドローンを活用 豊田市とドローンの貸与に関する覚書を締結

この度、株式会社プロドローン(愛知県名古屋市、代表取締役社長 河野雅一、以下 PRODRONE)と豊田市(太田稔彦市長)は、「消防用ドローン」の開発を進めるに当たり、ドローンの貸与に関する覚書を締結しました。地方公共団体が、民間事業者より機体の貸与を受け、消防活動で使用し、機体の改良を進めることは全国初の取り組み(※1)です。

(※1)豊田市消防本部調べ

今回提供した機体は、被害の全体像を把握するなどの情報収集業務が主な機能です。今後PRODRONEは、豊田市消防本部と協力をして情報収集から一歩踏み込み、実際の消火活動、資機材の運搬、救命救助など機体を利用した消防・救助活動が行える機体開発に取り組んでまいります。

■PRODRONE製貸与ドローンの主な特徴
・アーム伸縮により消防車両への積載が可能
・機体(カメラを含む)の完全防水機能
・救助活動時などの資機材の運搬や投下機能
・GPS機能を有する自律飛行機能

■豊田市の主な役割
・機体の無償貸与を受け、消防活動で使用
・消防活動に基づく、改良に必要な情報の提供

覚書締結式にて。写真左から豊田市長 太田稔彦氏、株式会社プロドローン代表取締役社長 河野雅一(提供:矢作新報社)
雨の中のデモ飛行。救助支援物資の運搬を披露(提供:矢作新報社)
雨の中のデモ飛行。カメラからの映像を伝送(提供:矢作新報社)

Latest News

2018.10.15
お知らせ

PRODRONE製『PDH-02C』を使用した伊藤選手が、RCヘリスポーツ界の最高峰「FAI / F3C RCヘリコプター日本選手権2018」で優勝

2018.09.22
お知らせ

会津若松市で5G、ドローンを活用した「日本酒造り」の実証実験を開始

2018.09.11
お知らせ

災害現場でドローンを活用 豊田市とドローンの貸与に関する覚書を締結

2018.08.30
リリース

日本初、河川上空を幹線航路とする新たなドローン物流システム構築と官民協働によるサプライチェーン形成を組み合わせた物流の事業化に向け長野県伊那市が実証をスタート

2018.08.09
お知らせ

夏季休業のお知らせ

2018.06.14
リリース

国内初、KDDIと「5G」ドローンを用いた4K映像のリアルタイム伝送に成功 ~災害救助や撮影サービスなどに活用~

MORE NEWS