PRODRONE機体がF3C全米選手権(NATS)で入賞

2021.09.10
お知らせ
写真右から、Cliff Hiatt(2位)、NIck Maxwell(1位)、Nob Muraki(3位)

 2021年8月5日に、アメリカ合衆国インディアナ州マンシーにて、F3C全米選手権(NATS)が開催されました。本大会でPRODRONE機体が3位入賞を果たしました。

 全米選手権入賞者は、世界選手権への出場資格があたえられますが、2021年はルーマニア開催予定だったF3C世界選手権はコロナ禍のために残念ながら見送られました。

 入賞した村木選手のコメントは次のとおりです。

私の使用したPDH-02Cは、伊藤選手が2019年世界選手権で優勝した機体です。メインフレームの部品が少なく構造がシンプルなため、製作時間が短く済みます。私は仕事の関係で週末の練習のみでしたが、それでも上位入賞できたのは、この機体のおかげだと思っています

村木選手とPRODRONE機体PDH-02C
村木選手とPRODRONE機体PDH-02C

最新のお知らせ