PRODRONE、新体制へ。第二創業期始まる戸谷社長の思い

2021.04.20
お知らせ

株式会社プロドローン(本社:愛知県名古屋市 以下:PRODRONE)では、3月31日の定時取締役会において、戸谷 俊介(とや しゅんすけ)が本年3月31日付で代表取締役社長に就任いたしました。

創業者会長 河野 雅一は、国内ドローンの事業勃興期の2015年にPRODRONEを創業し、約6年間の社長在任中、社会に必要とされる企業を目指し尽力してまいりました。今回さらなる発展のため新社長を招き、新生PRODRONEとして未来を創ります。

社長に就任した戸谷は、DMC(電通名鉄コミュニケーションズ)で30年にわたりモータースポーツ関連業務に従事し、2017年東京支社長時代に名鉄ドローン事業化部会に参加しました。部会ではモータースポーツの知見を生かしたドローンの可能性を研究し、2019年11月東京モーターショーにおいて日本初の FAIドローンワールドカップと「空の移動革命に向けた官民シンポジウム」をプロデュースしました。2021年 DMCエグゼクティブプロデューサーを経て本年3月31日株式会社プロドローン代表取締役社長に就任しました。

就任した戸谷は、以下のように述べています。

「河野会長には、いわばドローンのPoC、社会実証実験フェーズでPRODRONEのテクノロジーを磨き上げていただきました。私の役目はドローンの普及フェーズにおいて社会受容性を高め、機体を量産しビジネスとして大きく成長させることです。とても身の引き締まる思いです。
またPRODRONEはSDGsにも積極的に取り組みます。製品はもちろん社内環境や地域とも関わりを強め、ESG経営を掲げていきます。高品質、高信頼な機体を生み出す開発体制がPRODRONEの真骨頂であり核心的な価値です。
PRODRONEの機体とシステムは、空のスタンダードを目指します。PRODRONEの機体は国と生活を守り、物流を支えドローン前提社会での価値創造を実現させます」

変革の時代、新しい価値観の広がる世界において、Made in Japan のドローンシステムメーカーであるPRODRONEは、新体制のもと今まで以上に社会課題解決への姿勢を強化し、持続した成長を実現していきます。社会に貢献し、進化を続けるPRODRONEにぜひご期待ください。

■株式会社プロドローンについて
株式会社プロドローンは、「世界一の産業用ドローンシステムメーカーになり世界を変える」を会社の目的としたB2Bカンパニーです。産業用ドローン市場に参入される多くの企業に対し、調査コンサルティング、機体開発、制御ソフト開発、サービスアプリケーション開発、量産まですべてをワンストップで提供しています。

■株式会社プロドローン 会社概要
・社名:株式会社プロドローン (PRODRONE Co., Ltd.)
・代表者:代表取締役社長 戸谷 俊介 (とや しゅんすけ)
・資本金:1億円
・本社所在地:〒468-0014 愛知県名古屋市天白区中平1丁目115番地

■本件に関するお問合せ先
株式会社プロドローン
E-mail:info-jp@prodrone.com
担当:川上 TEL:052-890-8803

最新のお知らせ